設備分野のあなたへ

あらためまして、私たちは東京ガス都市開発と申します。
この手紙を受け取っていただき、ありがとうございます。
私たちは、東京ガスグループの建物の維持管理をはじめ、
所有ビルの建設、土地の有効活用、不動産にかかわるコンサルティングなど、
不動産を経営資源としていかに活かすか、働く人や住む人はどのようなことを望んでいるのか
ということに日々向き合っています。

そのなかで、なくてはならない存在が、建築、電気、設備といった理系出身の技術系社員です。
その仕事を紹介しますので、
充実して楽しそうに仕事をしている様子や、温かな社風などが伝わるとうれしいです。

仕事について紹介します。

では、設備分野を学び、2014年度に入社した戸部さんに、その仕事を動画で紹介してもらいます。

ファシリティマネジメントを軸とした建物のライフサイクルにかかわる仕事。

東京ガス都市開発の仕事のイメージ、少し湧きましたか。
あらためて皆さんにご説明したいのが、私たち東京ガス都市開発の仕事の領域です。
まずは、2つの視点からお伝えしますね。

<ファシリティマネジメントを通じて企業の経営活動に貢献>
ヒト、モノ、カネ、情報といった経営資源のひとつに企業が活動していく「場」や「空間」があります。
会社のオフィスを例に挙げれば、
お客さまをお迎えしたり、社員が集まってアイデアを出し合ったり、
大切な資料や備品を保管したり、

ときには社員が気分転換をしたりと、
さまざまなシーンに相応しいスペースが求められます。
この営業活動に伴う「場」や「空間」を
最適な状態にしていくことが「ファシリティマネジメント」です。

私たちは、東京ガスグループを中心に、
既存施設の維持管理に留まらず、新規の建設や大規模なリニューアル、
さらにはワークプレイスづくりなど、
1953年の創業以来、60年を超える企業不動産の経験を活かしたトータルな提案を行い、
実行にあたっています。

<不動産の有効活用を通じた幅広いお客さまとのつながり>
東京ガスグループの不動産を活用していくなかで、
東京ガスグループ内だけでの使用に留まらない部分が生まれてきます。

この部分を有効に活用するための企画、提案、実行を通じて、
多様な施設を運営管理し、東京ガスグループ以外の幅広いお客さまにもご利用いただいています。

当社の本社が入居する「新宿パークタワー」は、
オフィスのほか、飲食・物販店舗の「ショップ&レストラン」や
「ザ・コンランショップ」、ホテルの「パーク ハイアット 東京」、
住関連情報発信施設の「リビングデザインセンターOZONE」などの複合用途で構成され、
2014年に開業20周年を迎えました。

じつは、「新宿パークタワー」が建設される前、
この場所には、巨大なガスホルダー(タンク)が設置されていました。
その土地を有効活用し、多くのお客さまにご利用いただく施設を建設したわけです。

このほかにも、商業店舗や賃貸マンションなどへ、
それぞれの立地や敷地の特性ニーズに応じた活用を図っています。

ここで、当社が建物所有者として、建設プロジェクトを進め、
運用に至るまでの流れを説明しますね。

  • 企画・計画企画・計画
  • 設計設計
  • 施工施工
  • 維持管理維持管理

建物のライフサイクル 01 企画・計画

建設発注者として、使う人や訪れる人にどのような「場」や「空間」を
提供するか、関係する法規制を踏まえて、用途、規模、仕様基準、
デザインなどの基本部分を定め、構造・躯体、電気設備、機械設備といった
技術的事項の前提を決めていきます。
お客さまニーズの想定はもちろんのこと、長期的な維持管理のことも考えて、
メンテナンス性や省エネ性、将来のリニューアルのことなども想定します。
建築、電気、機械設備の技術系社員や企画や営業、運営管理を担当する社員が
それぞれの専門性を持ち寄り、さまざまな可能性の検討や比較を行い、
計画を決めていきます。

建物のライフサイクル 02 設計

企画・計画をもとに、具体的な形やシステムを描く設計に移ります。
平面図、立面図、断面図をはじめ、さまざまな図面が作成されます。
多岐にわたる法規制に適合する必要がありますし、
工期や工程の具体化、工事費の積算、実際の工事につながっていきます。
調査、調整を繰り返しながら、力を合わせてまとめていくことになります。
行政への手続きや近隣住民への説明なども重要な仕事で、関係先の拡がりを
実感できるところです。
長期にわたる大規模な建設プロジェクトでは、外部の設計会社の協力を
得ながら進行しますが、自らも設計できる社員が、そのスキルを活かして
マネジメントの立場でかかわっていきます。

建物のライフサイクル 03 施工

設計をもとに発注手続きを行い、工事費、施工者を確定させ、工事の段階に
入ります。設計通りに施工され、品質が確保されるように確認していくのが
監理です。この監理の方針や計画を決め、設計の意図を伝えながら、工事の
進捗を見守ります。
その間、定期的な現場会議で状況を確認したり、各種の検査確認や試運転の
立ち会いなども行います。
状況に応じて、ときには設計を変更するなど、全体を調整しながら建物完成
まで対応していきます。

建物のライフサイクル 04 維持管理

工事が完了し、建物の引渡しを受けると、当社は運用・維持管理の立場で
かかわりを続けていきます。
建物を長く、安全、快適に維持していくには、建物利用について規則を
定めたり、実際の点検や保守をきちんと行ったり、日常の基本的な管理の
徹底が肝心です。そのうえで、お客さまの利用状況を捉え、利便性や快適性を
向上させるよう対応していきます。また、効果的なタイミングで修繕や大規模
改修を実施し、建物価値が長期的に維持されるための手を打っていくことも
重要です。これらの仕事は、ひとりでできるものではありません。
社内外の多くの関係者と連携を取りながら、チームワークでよりよい状態に
もっていきます。

東京ガス都市開発の仕事とは?

「潜在的なお客さまのニーズまで掘り起こし、迅速・的確に対応すること」です。

建物を通じてお客さまとともに歩むなかで、さまざまなニーズと向き合い、対策を考え、提案、
実行していきます。これを通じて、お客さまの満足を高めていくのですが、その過程で社員も
経験を積ませていただき、知識を習得し、専門性をさらに磨いていきます。

このような、社員の成長を含めたサイクルが、長く愛され続ける建物につながり、
お客さまである企業の発展や働く人の幸せにつながっていけば本当にうれしいことです。
私たちの会社の特徴を感じてもらえましたでしょうか。

未来の仕事をイメージしてみよう。

では、入社したらどんな仕事にかかわっていくのでしょうか。

私たちの会社で働く少し先の未来がイメージできましたか。

1年目は覚えることが多いですが、
経験を積み重ねることで、建物の構造・躯体、機械設備、それを動かす電気のことを熟知し、
安全性や快適性を求めて必要な策を講じられる
なくてはならない存在になって欲しいと思います。

つぎに私たちの会社で活躍している社員の特徴をお伝えします。
複数の社員にインタビューし、あらためて見えてきたのは、これから紹介する3つです。
自分の働き方として、フィットしそうかどうか、問いかけてみてください。

当社で活躍している人はこんな人!

私たちが向き合う建物や施設、それらが立地する土地や街は、同じものが2つとなく、個性に
あふれています。そのため現場を知ることがとても大切になります。これは一朝一夕にできることでは
ありません。自らの目で見て、先輩から教わり、さまざまな方との交流を通じていろいろなことが分かって
きます。それらを自分のものにし、仕事の充実につなげていけることは、楽しいことです。
見聞きするものから発想を膨らませ、主体的に行動を展開できる人が活躍しています。

耐震性、省エネ性、セキュリティー、IT環境、非常時対応など、建物や施設に求められる性能や機能は、
ますます高まってきています。お客さまのニーズに対応するだけでなく、社会の動向を先取りする意識で
「潜在的なニーズはないか」、「今後どうなるか」ということを考えるのも、私たちの仕事では重要です。
技術系社員は、建築、電気、設備にかかわる先進的な技術やシステムに通じている必要があり、それが強み
にもなります。新しいことに対して積極的に情報を収集し、知識、スキルをブラッシュアップしながら、
仕事への活かし方を考えている人が活躍しています。

私たちがかかわる建物をお客さまに長くお使いいただくには、お客さまの発展が不可欠となります。
お客さまの発展には、さまざまな変化が伴います。オフィス機能ひとつをとっても、お客さまの組織や
職場の運営、社員の方々の働き方などが変われば、それに応じて新しいニーズが生まれます。
建物の維持管理は、建物ありきではなく、こういったお客さまの環境変化に対応する視点で取り組むことが
重要となります。前例にも重要な考えが込められていますが、そのたびに考え直し、最善を尽くしながら、
信頼関係を新たにしていこうとする人が活躍しています。

先輩社員の声を紹介します。

社員たちに、入社動機や会社の社風について語ってもらいました。

  • 藤田 敬 2002年度入社 理工学研究科 建築学専攻 大学院卒
  • 大川 章人 2009年度入社 工学部電気電子工学科卒
  • 江頭 淳 2006年度入社 工学部機械工学科卒
  • 2000年度入社 法学部法律学科卒

仕事の分野や担当業務はさまざまですが、何といっても魅力的なのは、社員。
入社動機に「こんな素敵な人たちと一緒に働きたいと思った」という声が多いのも、
当社の特徴の1つだと思います。

説明会以降、色々な社員と実際に話し合う場もつくっていきますので、ぜひ参加してくださいね。

もう1つご紹介したいのが、資格取得支援制度です。
皆さんの成長に役立つさまざまな資格について、取得を奨励し、費用の支援などを行っています。

あなたの気になることにお答えします。

そうそう、先ほど紹介した先輩たちが、就職活動のときに知りたかったと言っていたことを
質疑応答形式で紹介します。あなたの知りたいことはありますか。

入社後の教育研修などは、ありますか。
コミュニケーション力やリーダーシップなどを磨くヒューマンスキルの研修と、それぞれの専門領域の技術を磨く研修を用意しています。実際の業務に関する教育はOJTを基本としています。
当社では、新入社員が早く会社に慣れるよう、1年間先輩社員がメンターとして付く制度があります。メンターは新入社員の相談役・支援役として会社生活をサポートします。
転勤はありますか。
転勤はありません。勤務は新宿本社です。
残業はどのくらいありますか。
全くないと言えませんが、あまり多くはありません。平均すると月10~15時間程度です。
女性が働きやすい職場ですか。
産休・育休・育児勤務(子が小学校6年生を修了するまで)の制度が整っており、2017年1月1日時点で産休0名・育休2名・育児勤務6名(男性1名含む)の社員がおります。男性女性ともに長く働ける職場です。

募集要項をご覧ください。

東京ガス都市開発の募集要項をまとめました。

募集職種 建物維持管理、建物設計(建築・電気)、営業、スタッフなど
募集人数 総合職若干名・技術職(建築、電気、設備)各若干名
応募資格 2018年3月大学卒業 大学院修了見込みの方(既卒も同時募集)
選考方法 書類選考、適性検査、作文、面接試験
会社概要 東京ガス都市開発株式会社
東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー24階

もっと知りたい、聞きたいと思ってくれたあなた、説明会でお待ちしています。

いかがでしたか。少し当社のこと、ご理解いただけましたか。

正直まだまだ伝えきれない当社の魅力が他にもたくさんあるのですが、続きのお話しは、
会社説明会でお伝えできればと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

会社説明会にエントリーする