ホーム > 環境への取り組み > ZEB化

環境への取り組み

ZEB化

アースポートは、再生可能エネルギーや次世代技術を積極的に取り入れ、設備のさらなる高効率化を進めています。
2010年9月末には、NEDOの助成金を受け、再生可能エネルギーと最先端の技術を組み合わせた改修(ZEB化改修工事)を実施しました。
これにより、排出量40.4%の削減、主な照明電力を55%削減を達成しました。 さらに、2030年までに、徹底した省エネとエネルギーの面的融通等によりZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)を目指します。

2010年9月末実施のZEB化改修工事(PDF / 1.6MB)

2012年度実証事業経過報告(PDF / 267KB)

第一回空気調和・衛生工学会「特別賞リニューアル賞」を受賞しました。(PDF/580KB)

2013年度実証事業報告(PDF / 501KB)

■ ZEB化とは?

建物内の運用段階でのエネルギー消費量を省エネや再生可能エネルギーの利用を通して、年間使用量をほぼゼロにしようという考え方。

このページのトップへ